おしろめぐりねこ「さくら」が全国のおしろを訪ねつつ、お墓参りをしたり野球を観たりお馬を見たりたばこを吸ったりチョロQを買ったり…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年振りの新潟県出張(お城篇)。
先月の更新回数が僅か1回…orz
目に見えて更新頻度が下がっているさくらでございます。

先週、約半年振りに仕事で新潟県を訪問しました。
しかしながら出張予定を組む際の、
『新潟は広いからせめて4日間(3泊)くれ!』
というわたしの頼みは実らず2泊3日。
時間も無いので仕事を中心に動いておりました。
…って当たり前か(^-^;

ということで訪問箇所は僅か3箇所、
時間もかなり駆け足の訪問でございました~。

***

【三条嶋の城】
20100623_simano_jou.jpg
新潟県三条市
近世の三条城に移る前は旧三条競馬場付近に城跡があったそうです。
現在は競馬場すら「史跡」になってしまいました…。

【鮫ヶ尾城】
20100625_samegao_jou01.jpg20100625_samegao_jou02.jpg
新潟県妙高市(旧新井市)
「歴女」の皆さまに大人気?のお城ですね。
時間が無くて遺構を見る余裕も無かったのが残念…(>_<。
現在は斐太史跡公園となっておりますが、
管理棟のご担当者様には大変お世話になってしまいました(^-^;

【立ノ内館】
20100625_tatenouchi_date01.jpg20100625_tatenouchi_date02.jpg
新潟県妙高市(旧新井市)
鮫ヶ尾城の東麓、勝福寺付近が居館推定地とされています。
勝福寺境内には三郎景虎の供養碑があります。

***

今回訪問したお城はこれだけ~。
さぞ懸命に仕事したんだろうな~なんて思っていると…。

詳しくは次回の更新で~(^-^)ノ
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

久し振りに向羽黒山城跡現地説明会参加。
過去記事で何度か触れていた通り、
本日は福島県会津美里町で実施されました、
向羽黒山城地形調査現地説明会に参加して参りました。

朝9時過ぎにりんを連れて自宅を出発、
1時間もあれば十分間に合うだろうとほてほて走っていた所、
やっぱり本郷は遠かった…。
開始ぎりぎりに集合場所である二曲輪駐車場へ到着、
何とか間に合いました~(^-^;

***

20091017_01.jpg
久し振りにお会いする会津美里町職員のカジワラさん。
以前は何度かお話しさせて頂きましたが、もう忘れてるだろうな~(>_<)
りんが幼稚園くらいの時だっただろうし。

20091017_03.jpg20091017_02.jpg
二曲輪で記念撮影~。この曲輪からは会津若松市内が遠望出来ます。
右写真は公園造成時に出てきた川原石で、建造物の礎石に使われたものだろう、とのこと。

20091017_04.jpg
今回は関係ないけど、二曲輪北東の虎口です。
20091017_05.jpg20091017_09.jpg
今回のメインとなる二曲輪西側の虎口、左が内側、右が外側から様子です。
20091017_06.jpg
上の虎口脇の斜面を登り、西の小曲輪を望みます。
土橋で連結されており、その周囲には…↓

20091017_08.jpg20091017_07.jpg
小曲輪を挟んで右(北側)には二曲輪を巡る形で横堀があり、
左(南側)には小曲輪に沿う形で竪堀があります。
横堀の堀底には用途不明の石積遺構が発見されています。

20091017_10.jpg
竪堀は二曲輪西側虎口の直下から北西方面へ延び、西曲輪北側を巡ってカーブし西へと続きます。
その竪堀がカーブするところに水の手と呼ばれる箇所があり、
今でも雨が降った後などは水が湛えられるそうです。

20091017_11.jpg
竪堀の堀底に降りて撮影、なかなかの規模です。
ちなみに堀底へ降りる途中、丁度手を着こうと思った木にスズメバチが…。焦った~。

20091017_12.jpg
今回は発掘調査の説明会では無く地形調査の説明会、ここで説明は終了です~。
虎口の前で比較を兼ねて記念撮影(^-^)


***

今まで何度か訪れている向羽黒山城ですが、
来る度に色々と新しい遺構が見られてなかなか楽しいお城です♪
今回の場所も綺麗に草が刈られており、
遺構もかなり見易くなっております。
訪問するなら今!かも知れませんね。

なお今回は久し振りにりん同伴の現説参加でした。
初めはわたしの説明に耳を傾けていたりんでしたが、
最後の方にはどんぐり集めに興味を奪われておりました(^-^;

明日は栃木県小山市へ遠征し、
祇園城跡発掘調査現地説明会」に家族で参加して参ります。
さて今度りんの心を奪うのは何でしょうね…?

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

神指城跡で現地説明会参加♪
昨日は何度か当ブログで記事にしていました通り、
福島県会津若松市で実施されました、
神指城跡試掘調査現地説明会に参加して参りました。
プロ野球シーズンにはどうしてもそちらを優先させてしまう、
ダメ城郭マニアなわたしですので、
現説は毎年恒例の真壁城小田城以来、
久しぶりの参加となります(土日ばかり休めないし…)。

りんと一緒に自宅を10時過ぎに出発、
喜多方市内で用事を済ませた後、
今日は出勤日だった奥さんの職場へりんを送り届け、
わたしは職場に寄ってちょこっと用事を済ませます。
その後奥さんの職場に戻ってりんを誘ったところ…、
今日はお母さんといる~」とのこと。
ちょっとがっかりしながら会場へと向かいます。

先日神指城へ立ち寄った際、
本丸跡東側にトレンチがあったので適当にそちらへ向かうと…、
周囲には観光客しかいない!?
『まほろん』HPには今日と書いてあった筈だが違うのか!?
さんざんブログで告知していたわたしは、
皆様からとんだ一杯食わせ者だと誹りを受けるのか!?
と思いながら携帯電話で検索してみると、
集合場所は近くにある公民館でございました(^-^;

20091004_kouzashi_jou_00.jpg

そんな訳で若干遅刻しながらも無事到着、
公民館で20分ほど解説があった後、
いよいよ現地に移動して説明を受けます~。

しかし今回の現説、
対象が築城途中で放棄された城であり、
また調査区域が二ノ丸堀跡内外の範囲であるため、
特に目立った遺構、遺物は見られない様でした。

二ノ丸跡北東隅土塁(高瀬の大欅付近)から南東隅土塁に掛け、
本丸跡東側に沿ってトレンチが19本掘られていましたが、
主な遺構として二ノ丸東側及び南側堀跡及び土塁の基部が見られた程度。
わたし的にはかなり楽しめましたが、
天地人』ゆかりの城郭!として参加された方々には、
同時代の遺物も無くちょっと物足りない成果だったかも知れません。

まあこれから更に本丸跡などにも調査の手が入るものかと思いますので、
是非とも期待したいものでございます。

***

20091004_kouzashi_jou_01.jpg20091004_kouzashi_jou_02.jpg
“高瀬の大欅”(右画像正面の木立)南側に位置する17号トレンチ。
二ノ丸東側土塁の基部と水堀との境目が発掘されており、東側土塁のラインが確認出来ました。

20091004_kouzashi_jou_03.jpg
二ノ丸南辺に位置する1号トレンチ。
トレンチ画像の右側ブルーシートの所に白い小さな表示がありますが、
そこが二ノ丸水堀南端、三ノ丸北端の境となります。

20091004_kouzashi_jou_04.jpg20091004_kouzashi_jou_05.jpg
1号トレンチの北に位置する3号トレンチ。
右画像正面の丘が二ノ丸南東隅の土塁であり、南西隅が如来堂集落となります。
こちらは当然二ノ丸南辺土塁の基部が発掘されています。

20091004_kouzashi_jou_06.jpg20091004_kouzashi_jou_07.jpg
今回の調査と直接は関係無いですが、二ノ丸南東隅土塁に上ります。
左が南辺のラインとなる如来堂方面、右が東辺のラインとなる高瀬方面を眺めた様子です。
つまりこのライン上に3号、17号トレンチがある訳です。


***

発掘の状況は概ね上記の通りであり、
二ノ丸、三ノ丸跡から何も発見されなかったことが重要であるとの事。
作事の途中で中断してる訳ですからね~。

なお3号トレンチの説明で今日の現説は終了~。
参加者は個々に見学、帰路に就きます。
わたしは折角天気も良いので本丸の周囲を歩いて帰ります。

***

20091004_kouzashi_jou_08.jpg20091004_kouzashi_jou_09.jpg
「神指城を守る会」によって整備された本丸跡南辺周辺を西側より撮影。
右画像は南辺中央にある横矢掛かりで、木立の中に土塁も見られます。

20091004_kouzashi_jou_10.jpg
本丸西辺には門が置かれ、小船で内堀を経て大川(阿賀川)を下り、
塩川で帆掛舟に乗り換えて日本海へ…と考えられていたそうな。

20091004_kouzashi_jou_11.jpg20091004_kouzashi_jou_12.jpg
本丸跡北西隅には天守の造営が計画されていた様子。
予定地の辺りには石垣に用いられた巨石がまだ残っていますよ~。


***

以上、簡単ですが現地説明会の様子でございました。

久しぶりにそれなりに歴史関連サイトっぽい記事が書けた…かな?(^-^;
新潟出張、寄り道の成果(史跡篇)。
前回の記事に書いた通り、
2箇月連続で新潟県へ出張して参りました。

12月の出張は新潟市と長岡市を中心に仕事しましたが、
下越中越共に何とも中途半端な訪問となってしまいましたので、
今回はそのヌケを補いつつ下越は村上市まで、
上越は糸魚川市まで万遍なく廻ろう!と考えました。

もちろんお城も訪問しましたが、
残念ながら仕事優先の為(当然か)大して成果上がらず…(T^T)
訪問したことのあるお城のおさらいがほとんどでした。

***

【新発田城】
20090120_shibata_jou.jpg
新潟県新発田市
前回の訪問がいつだったかは覚えて無いですが、
三階櫓と辰巳櫓が復元されておりました。
5年前に復元されたらしいですね。

***

【御館】
20090121_otate.jpg
新潟県上越市
上越市に訪問したのなんて今から10年前、
謎の新婚旅行で初日に宿を取って以来かなぁ…。
因みに今回宿泊したビジネスホテルと同じ…(^-^;

【福島城】
20090121_fukushima_jou.jpg
新潟県上越市
前回ここに来たのも10数年前、
上越市内を初めて営業した時以来でしょうね~。

【春日山城】
20090121_kasugayama_jou.jpg
新潟県上越市
今回の出張で外せなかったのはやっぱりココ♪
積雪の心配をしていましたが全く問題ありませんでした。
今年の「天地人」、一昨年の「風林火山」と、
やっぱり週末は賑わっているんでしょうね~。

【春日山城現存搦手門】
20090121_kasugayama_karamete.jpg
新潟県上越市
春日山城と同様、この門も是非見たかったのですが…、
冬場ということで帽子を被っておいででした(T^T)

【林泉寺】
20090121_rinsenji.jpg
新潟県上越市
仕事、プライベートで何度か上越市には来ていますが、
こちらに訪問したのは初めてでした。

【堀秀治墓所】
20090121_hori_hideharu.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。高田藩堀氏初代藩主。
会津若松城へ移封となった上杉氏に替わり、
豊臣秀吉より越後国高田30万石を与えられた。
関ヶ原合戦では東軍に属し、また上杉遺民一揆鎮圧の功により、
戦後徳川家康より所領を安堵されている。
父秀政と比べて才覚が乏しいといわれる可哀想な人…。

【堀秀重墓所】
20090121_hori_shigehide.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。高田藩堀氏初代藩主秀治の祖父。
斎藤氏、次いで織田氏に仕えた戦国武将。
嫡男秀政、嫡孫秀治より長命だったみたい。

【堀秀政墓所】
20090121_hori_hidemasa.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。高田藩堀氏初代藩主秀治の父。
織田信長、豊臣秀吉の家臣として大いに功を挙げ、
佐和山城、北庄城主などを務めた。
小田原合戦の陣中で若くして没し、嫡男秀治が跡を継ぐ。
初め北庄の長慶寺に葬られた後当地に改葬されたそうです。

【上杉謙信墓所】
20090121_uesugi_kenshin.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。
当然説明不要でしょう(^-^; 上杉輝虎、不識庵謙信さんのお墓。
改めて米沢市の上杉家廟所にも行きたくなりました。

【長尾能景、長尾為景墓所】
20090121_nagao_tamekage.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓所内。上杉謙信の祖父、父。
越後国守護代として長尾上杉氏勢力拡大の礎となった。
為景さんのお墓に詣でられるとは思って無かった…。

【川中島戦死者供養塔】
20090121_kawanakajima_kuyou.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓所内。
川中島合戦は5度に渡って行われたとされますが、
戦死者も沢山の数に上ったことでしょうね…。

【松平綱賢墓所】
20090121_matsudaira_tsunakata.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。高田藩松平氏初代藩主光長の世嗣。
松平光長の嫡子だが嗣子の無いまま42歳で没し、
越後高田騒動、高田藩改易の原因となってしまいました。
結城秀康の曾孫に当たるんですね~、へ~。

【松平土佐墓所】
20090121_matsudaira_tosa.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。高田藩松平氏初代藩主光長の室。
長門国萩藩2代藩主毛利秀就の女なので、
毛利輝元の孫娘にあたるんですね。
上記の松平綱賢のお母さんです。

【榊原政岑墓所】
20090121_sakakibara_masamine.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。姫路藩榊原氏3代藩主。
旗本榊原氏から本家姫路藩主榊原氏を継承するも、
度重なる乱行を徳川吉宗に咎められて強制隠居の上蟄居を命ぜられ、
嫡男政永への家督継承は認められたものの高田への転封を命ぜられた。
高田藩へ移った後は政永の後見人となり、
今までの乱行が嘘の様な名君となったそうです。

【榊原政賢墓所】
20090121_sakakibara_masakata.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓地内。高田藩榊原氏6代藩主政敬の父。
政賢は名君といわれた3代藩主政令の三男で、
前述の通り高田藩最後の藩主政敬の父だそうです。
でも…政敬の父は政令の三男政礼とするサイトもある…。
政賢=政礼なんでしょうか???

【榊原民墓所】
20090121_sakakibara_tami.jpg
新潟県上越市
林泉寺墓所内。
榊原政岑墓の直ぐ左に「ご息女民さま」とありますので、
政岑さんの娘さんでいらっしゃるのでしょうかね…?

【高田城】
20090121_takada_jou.jpg
新潟県上越市
「天地人」とはあまり関係無くなっちゃうかな…(^-^;
でも伊達政宗が造った?お城ですから外せないです♪
以前訪問して以来三階櫓のイメージが強かったんですが、
思いの外水堀跡が見事でびっくり。

***

【蔵王堂城】
20090122_zaoudou_jou.jpg
新潟県長岡市
こちらへの訪問もかなり久し振りではありますが、
正直なところ全くイメージを憶えて無かった…orz

【与板城】
20090122_yoita_jou.jpg
新潟県長岡市(旧三島郡与板町)
「天地人」放送開始で大賑わい♪かなと思って訪問、
画像の看板の通りでございます(T^T)
というか…放送開始前にやっといてよ~。

【本与板城】
20090122_motoyoita_jou.jpg
新潟県長岡市(旧三島郡与板町)
今回唯一初めて訪問したお城でしたが、
こちらも整備中で登ることが出来ませんでしたorz
わたしと同じく途中で引き返して来た車多数(^-^;

***

今回は林泉寺を訪れることが出来たのが良かったですね。
上越地方のお城、上杉謙信のお墓なら仕事にも使えますので。

でも本当は…、
仕事に使えるお城といえば現時点では魚沼地方のお城(^-^;
春日山城はさすがに使えますが、
御館は「天地人」がもうちょっと進んでからかな…。
観光業に従事している人間としては、
大河ドラマの進行状況によって仕事に使える舞台が変わります。
会津のことばかりじゃお客様呼べないのよね~。

さて御館が仕事に活かせる時が来れば、
10数年前に訪問を断念した鮫ヶ尾城に行く機会も作れるか?!

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。