おしろめぐりねこ「さくら」が全国のおしろを訪ねつつ、お墓参りをしたり野球を観たりお馬を見たりたばこを吸ったりチョロQを買ったり…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神指城跡で現地説明会参加♪
昨日は何度か当ブログで記事にしていました通り、
福島県会津若松市で実施されました、
神指城跡試掘調査現地説明会に参加して参りました。
プロ野球シーズンにはどうしてもそちらを優先させてしまう、
ダメ城郭マニアなわたしですので、
現説は毎年恒例の真壁城小田城以来、
久しぶりの参加となります(土日ばかり休めないし…)。

りんと一緒に自宅を10時過ぎに出発、
喜多方市内で用事を済ませた後、
今日は出勤日だった奥さんの職場へりんを送り届け、
わたしは職場に寄ってちょこっと用事を済ませます。
その後奥さんの職場に戻ってりんを誘ったところ…、
今日はお母さんといる~」とのこと。
ちょっとがっかりしながら会場へと向かいます。

先日神指城へ立ち寄った際、
本丸跡東側にトレンチがあったので適当にそちらへ向かうと…、
周囲には観光客しかいない!?
『まほろん』HPには今日と書いてあった筈だが違うのか!?
さんざんブログで告知していたわたしは、
皆様からとんだ一杯食わせ者だと誹りを受けるのか!?
と思いながら携帯電話で検索してみると、
集合場所は近くにある公民館でございました(^-^;

20091004_kouzashi_jou_00.jpg

そんな訳で若干遅刻しながらも無事到着、
公民館で20分ほど解説があった後、
いよいよ現地に移動して説明を受けます~。

しかし今回の現説、
対象が築城途中で放棄された城であり、
また調査区域が二ノ丸堀跡内外の範囲であるため、
特に目立った遺構、遺物は見られない様でした。

二ノ丸跡北東隅土塁(高瀬の大欅付近)から南東隅土塁に掛け、
本丸跡東側に沿ってトレンチが19本掘られていましたが、
主な遺構として二ノ丸東側及び南側堀跡及び土塁の基部が見られた程度。
わたし的にはかなり楽しめましたが、
天地人』ゆかりの城郭!として参加された方々には、
同時代の遺物も無くちょっと物足りない成果だったかも知れません。

まあこれから更に本丸跡などにも調査の手が入るものかと思いますので、
是非とも期待したいものでございます。

***

20091004_kouzashi_jou_01.jpg20091004_kouzashi_jou_02.jpg
“高瀬の大欅”(右画像正面の木立)南側に位置する17号トレンチ。
二ノ丸東側土塁の基部と水堀との境目が発掘されており、東側土塁のラインが確認出来ました。

20091004_kouzashi_jou_03.jpg
二ノ丸南辺に位置する1号トレンチ。
トレンチ画像の右側ブルーシートの所に白い小さな表示がありますが、
そこが二ノ丸水堀南端、三ノ丸北端の境となります。

20091004_kouzashi_jou_04.jpg20091004_kouzashi_jou_05.jpg
1号トレンチの北に位置する3号トレンチ。
右画像正面の丘が二ノ丸南東隅の土塁であり、南西隅が如来堂集落となります。
こちらは当然二ノ丸南辺土塁の基部が発掘されています。

20091004_kouzashi_jou_06.jpg20091004_kouzashi_jou_07.jpg
今回の調査と直接は関係無いですが、二ノ丸南東隅土塁に上ります。
左が南辺のラインとなる如来堂方面、右が東辺のラインとなる高瀬方面を眺めた様子です。
つまりこのライン上に3号、17号トレンチがある訳です。


***

発掘の状況は概ね上記の通りであり、
二ノ丸、三ノ丸跡から何も発見されなかったことが重要であるとの事。
作事の途中で中断してる訳ですからね~。

なお3号トレンチの説明で今日の現説は終了~。
参加者は個々に見学、帰路に就きます。
わたしは折角天気も良いので本丸の周囲を歩いて帰ります。

***

20091004_kouzashi_jou_08.jpg20091004_kouzashi_jou_09.jpg
「神指城を守る会」によって整備された本丸跡南辺周辺を西側より撮影。
右画像は南辺中央にある横矢掛かりで、木立の中に土塁も見られます。

20091004_kouzashi_jou_10.jpg
本丸西辺には門が置かれ、小船で内堀を経て大川(阿賀川)を下り、
塩川で帆掛舟に乗り換えて日本海へ…と考えられていたそうな。

20091004_kouzashi_jou_11.jpg20091004_kouzashi_jou_12.jpg
本丸跡北西隅には天守の造営が計画されていた様子。
予定地の辺りには石垣に用いられた巨石がまだ残っていますよ~。


***

以上、簡単ですが現地説明会の様子でございました。

久しぶりにそれなりに歴史関連サイトっぽい記事が書けた…かな?(^-^;
スポンサーサイト
決まっちゃったので…(T^T)
イースタンリーグの優勝をかけ、
本日ジャイアンツ球場で行われた讀賣-千葉ロッテ戦。
無理とは思いつつも引き分けを祈っておりましたが、
讀賣が9-5でロッテを下し優勝を決めてしまいました…orz

これでまたシーレックスの初優勝は来年以降に持ち越しとなりましたが、
明日のヤクルト戦の結果で2位、3位が決定します。
優勝を逃したのは残念ですが、
今季最終戦を勝利で飾り、
せめて2位でシーズンを終えて欲しいものです。

しかし…富山に行くことを前提に休みを取った来月3、4日、
さすがに讀賣-中日戦をわざわざ観に行くつもりもありません。
(目的地としては非常にそそられるんですがね…富山)

目的が無くなってしまった今、
色々と探してみたところ…ありました(^-^)ノ

10月4日(日)13:00~ 福島県会津若松市
 神指城跡試掘調査現地説明会
  → http://www.mahoron.fks.ed.jp/gensetu.htm

直ぐそこじゃん…orz

まあ他にも手を講じてみてはいますが、
多分この現説に参加することになりそうですね。
もちろん非常に興味深い現説ではあるんですが、
だいぶ近くなっちゃったな~(>_<)

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

磐越西線に乗りました。
昨日は勤務が早番(9:00~出社)だったので、
ガソリン代節約のため、
車1台で奥さん、りん(奥さんの職場へ同行)と一緒に出勤しました。

別々の車でそれぞれ会津若松市内まで出勤しているので、
2台併せると毎日50km以上の距離を走行しており、
月々のガソリン代も馬鹿にならないんですよね…。

そんな訳で帰りも当然一緒に帰る筈だったんですが、
会社の上司より突然「今日は通しで(仕事)して!」と言われ、
急に勤務は21:00~までに延長…(T^T)
さすがに奥さんとりんをその時間まで待たせる訳にもいかず、
先にウチへと帰らせました(>_<。/~~

さて勤務終了後、当然わたしに足はありません。
めんどくさいし会社に泊まっちゃおうかな~とも思いましたが、
鉄道の時刻表を確認したところ、
22:18、23:01に会津若松駅発野沢行の列車があるじゃないですか!
そそくさと帰り支度を整え、
会津若松駅まで徒歩移動~(途中まで従業員送迎に乗せて貰えました)。

鉄道に乗るなんて横浜で京急線に乗って以来。
更に磐越西線に乗るなんて、
学生時代、余っていた期限切れ直前の青春18きっぷを利用するため、
仙台から喜多方までラーメン1杯を食べに来た時以来です。

久し振りの列車移動はなかなか楽しみではありましたが、
最後尾車輌ではマナーを知らない異国人どもが騒いでおり、
先頭車両は非常に酒臭い…(-_-#
まあ会津まつり期間中でもあるし止む無しか。

僅か15分ほどの乗車ではございましたが、
車窓には普段とは角度の違う景色が拡がり(真っ暗だけどね)、
たまには良いものだな~という感想でした。

20090922_110-214.jpg
喜多方駅を出る最後尾車輌のキハ110-214

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

あるくおとこ。
一昨日の夜、とある理由で職場から歩いて帰りました。

会津若松市のこのへんが職場で、
耶麻郡北塩原村のこのへんが自宅です。
※なおプライバシー保護のため明確な場所ではありません(笑)

車で普通に走ると約40分ほど、
凄いスピードで走って約13分ほど掛かり、
最短距離で凡そ25Kmほどになります。

職場を19時40分くらいに出発し、
普段車では走らない細い路地をふんふん歩きます。
気温は高くないものの湿度が高く、
汗かきなわたしにとっては非常に過酷な状況。
それでもなかなか軽快な足取り♪で距離を稼いでいきます。

しかし…歩き始めて1時間半ほどのこのへんで、
有り余る気力、体力とは裏腹についに身体に異変が!

脚が痛てぇ…。

別に膝がうふふふふと陽気に笑い出した訳でもなく、
脹ら脛が腓返りを起こした訳でもありません。

革靴だったので足裏にエラい負担が掛かっていたのですよ…。

それでもふんふん歩き続けたわたしですが、
旧河東町役場付近のセブンイレブンまで来たところで、
奥さんにお迎えを依頼したのでした。

その後も痛む脚をひきずりながらここまで歩き、
歩き始めてから約2時間、
ついに今回の何とも無意味な挑戦は終わりました。
しかし懸命に歩くその姿はさながら一人のアスリートの様であり、
多くのギャラリーの胸を打ったことでしょう(かえるとかの)。

***

今回歩いた時間は約2時間、距離は凡そ12kmほどでしたが、
「ウチはかなり遠い」ということを再認識しました(今更?)
…半分も行かないウチにリタイアしたしなぁ(>_<)

しかし歩けなくなった理由は足裏の痛み、
ちゃんとしたスニーカーならもっと距離を稼げたかな~とも思います。

まあ再挑戦する気はさらさらありませんけどね(^-^;

***

で、昨日今日は筋肉痛に悩まされております(^-^;
腰から尻、太腿に掛けてがエラいことになっており、
あとは足首と何故か腕(-_-)

山城嫌いなわたしながらちょっとした里山は登ります。
その際にはあまり筋肉痛にはならないんですが、
平地と斜面では使う筋肉が違うんでしょうかねぇ…?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

先日訪問した旧北会津村のお城。
先日旧北会津村へ行く用事があったので、
ついでに立ち寄ってきた城館です。
ほとんど一所に密集して所在しているので、
非常に訪問は楽でした(^-^;

実は下書きしたっきり忘れていました…(>_<)

***

【真渡館】
20090513_mawata_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
宅地になっている様で目立った遺構は見られず。
用排水路は往時の堀跡でしょうか。

【平右衛門館】
20090513_heiemon_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
田圃です(^-^)

【東館】
20090513_higashi_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
こちらも宅地となっております。
さすがに人様のお宅にずかずか侵入も出来ません。

【北館】
20090513_kita_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
廃屋?の脇に土塁状の高まりが確認出来ますが、
果たして遺構かどうかは不明。

【石原館】
20090513_ishihara_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
今回の訪問で唯一といって良い見事な遺構が残る館跡。
土塁がはっきりと確認出来ます。

【中館】
20090513_naka_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
ここも田圃かな…?
道路沿いの墓地辺りかも知れません。

【上館】
20090513_kami_date.jpg
福島県会津若松市(旧北会津郡北会津村)
こちらは畑になっています。
でもどの辺りなのか明確には判らない…。

***

件数だけはそこそこ廻りましたが、
ほとんど村中の宅地と耕作地でした。
まあ訪問する前から判ってはいましたけどね(^-^;

さて明日からは出張となります。
行く先はこれまた久し振りの群馬県でございます。
遊びでも東毛地区以外はなかなか行く機会に恵まれませんので、
今回は仕事も史跡巡りも非常に楽しみにしております。

…2泊の行程なので北毛までは行かれませんけどね。

というわけで、
今年も参加した天地人ウォークについての記事は、
全くタイムリーでない時期の追加となります(^-^;
なお5月18日付、福島民○新聞の1面を見ると、
人相の悪いわたしが写っております(^O^)ノ

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。