おしろめぐりねこ「さくら」が全国のおしろを訪ねつつ、お墓参りをしたり野球を観たりお馬を見たりたばこを吸ったりチョロQを買ったり…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏磐梯の山城を攻める!
先月30日、地元北塩原村で「せいじんセミナー」なるものが実施され、
小谷山城(桧原城)散策とのことなので参加して来ました。
一昨年9月にもあるイベントに家族で参加、散策して参りましたが、
1年半振りの今回は平日ということもあり1人での参加でした。

朝9時に村役場前でバスに乗車すると、
参加者は約20名ほど、やっぱりアラフォー(笑)はわたし一人。
旧米沢街道を経由して裏磐梯へと移動し、散策開始~♪

【桧原城】 福島県北塩原村
20090430_hibara_jou_01.jpg
登山口は県道沿いに標柱が建てられているので直ぐ判ります。
20090430_hibara_jou_02.jpg
暫く進むと堀切や主郭部を取り巻く横堀が見られます。
20090430_hibara_jou_03.jpg
横堀に沿って歩くと、主郭部東側の入口に至ります。
主郭部は南北3つの郭から成っており、上記入口は北郭と中央の郭を画す堀切となります。
なお写真は堀切を西側から撮影したモノ。
本来の大手口は主郭部南側となっており、虎口が残っています。

20090430_hibara_jou_04.jpg
主郭となる中央の郭で説明を聴く皆様。
20090430_hibara_jou_05.jpg
北郭の周囲にも横堀が巡っており、まだ残雪がありました。
20090430_hibara_jou_06.jpg
昭和の頃に開かれた山道を下って県道へ~。
いつの間にか綺麗な解説板が建てられておりました。


---

20090430_rekishikan.jpg
桧原城から下山、バスで桧原歴史館へ移動~。
ここでは裏磐梯の城館についてもちょっと展示が行われています。
地元では結構話題の山塩ラーメンを食しましたが…撮るの忘れてました(^-^;
なかなかおいしいですよ~。


---

20090430_yamashio_01.jpg20090430_yamashio_02.jpg
続いて大塩温泉に移動し、山塩の作業場の見学です。
50リットルの温泉水を先ず大鍋で煮詰め、更に小さな鍋で煮詰めます。

20090430_yamashio_03.jpg
その後天日で乾燥させて出来上がり~(^-^)
およそ50リットルから5kg、5~6日の行程だそうです。


---

おまけ 【綱取城】 福島県北塩原村
20090430_tsunatori_jou.jpg
ちょっと前に解説板が新しくなったので撮って来ました。

***

翌日も連休だったわたし、
天気も良くタイミングも良いか?と思い、
ずーっと訪問したかった裏磐梯の山城攻めを実行に移しました。
郷土史家石田明夫さん作成の縄張図を懐にいざ出陣~(^-^)ノ

【戸山城】 福島県北塩原村
まず初めに昨日訪問した桧原城の程近い、
蘆名氏家臣の桧原地頭穴沢氏の居城戸山城へ。

20090501_toyama_jou_01.jpg
昨日のイベントの際に伺ったら、県道沿いのこの階段から登れるとの事。
道はありませんが斜面もそれほどキツくありません、
尾根に出たら更に西に向かって登り続けます。

20090501_toyama_jou_02.jpg
県道から40分ほど登ると、まず水の手に到着~。
ずーっと登り続けてやっと縄張図に出ている範囲に入りました。
しかし不安なわたしはここから携帯電話で石田さんに質問電話(^-^;
熊がいるのに一人で行くとは…と窘められます。
なおその電話で、西側の尾根伝いに登ったほうが良い、との情報が…。
もう手遅れっす(T^T)

20090501_toyama_jou_03.jpg20090501_toyama_jou_04.jpg
堀切、土橋を越えていよいよ城館内へ進入~!
20090501_toyama_jou_05.jpg
なお堀切を越えるとすぐに熊穴があるよ~。
20090501_toyama_jou_06.jpg20090501_toyama_jou_07.jpg
水の手からちょっと登ると横堀、土塁が2段にわたって構築されています。
左が下段の横堀を大手道から、右が上段の横堀を反対側から撮影した写真。
上段の横堀付近には虎口が見られる様なんですが確認出来ず…。
この堀を越えると、山頂主郭部まで8段、半月型の平場が連続します。

20090501_toyama_jou_08.jpg20090501_toyama_jou_09.jpg
県道から70分ほどでやっと山頂の主郭部へ到着です~(-_-)
しかし周囲より増して笹薮となっており、撮影する所ではありません…。
東寄りの木に寄りかかって、残存する何やら人工建造物がありました。
下山後確認したところ、以前使用されていた共同アンテナらしい。
利用していた頃は道が付けられていたとか。
主郭部はそんな有様ですが、この城の最大の見所は↓コチラ↓

20090501_toyama_jou_10.jpg
20090501_toyama_jou_11.jpg20090501_toyama_jou_12.jpg
西側の尾根筋に残る3段の堀切です♪
東側から西側に向かって画像上段、下段左、下段右の堀切が見られ、
最大幅約15mほどもあります。
ここではくま除けも兼ねて大いに感嘆の声を張り上げましょう。

20090501_toyama_jou_13.jpg
ひとしきり堀切を堪能した後、主郭部東側の8段の半月型平場を伝って下山です。
しかし…登って来た時の道を失い、県道付近まで下りるとこんな感じの斜面…。

20090501_toyama_jou_14.jpg
県道まで下り、行き着いたところは標柱の立てられている所でした。
この標柱脇に車を停めていたので問題はありませんでしたが、
登り始めた階段はここからわずかに西側に進んだ所に所在しています。
確かにここから登り始めるよりは…ちょっと楽だったかも?
なお所要時間は約120分ほどでございました~。


---

【巖山城】 福島県北塩原村
引き続いては県道を南へと進み巖山城へと向かいます。
現在は“堂場山どんぐり探勝路”として整備されていますので、
訪問は非常に楽です(駐車場所に困るけど)。
楽なのは良いのですが、特に目立った遺構が見られない…。

20090501_iwayama_jou_01.jpg
県道沿いのこちらの案内板が探勝路入口です。
案内板には巖山城についても簡単に触れられています。

20090501_iwayama_jou_02.jpg
巖山城は桧原湖中に半島状に突き出た堂場山に所在、
先端部向かってずんずん進んで行くと5つの郭があるそうなんですが、
ここが3郭か4郭…だったと思う…?
周囲が土塁状になっていますが、どうにも自然地形にしか思えない…。

20090501_iwayama_jou_03.jpg
更に北へ進むと…ここが2郭だったかなぁ?
先端部まで行ってはみたものの、あまりぱっとした遺構が見られませんでした。
探勝路が整備されているので歩き易いですけどね~。

20090501_iwayama_jou_04.jpg20090501_iwayama_jou_05.jpg
正直なところ、一番の見所はミズバショウの群生かも(^-^;
最近はあまり草花に目を向けたりしていませんでしたが、
綺麗に咲いていましたよ~。


***

ということで、
久し振りに地元北塩原村の山城を歩いて参りましたが、
山城嫌い(笑)のわたしにとって久し振りに本格的な山城攻めとなりました。
日頃の運動不足も若干は解消されたモノか?

なお綱取城は自宅から歩いて行かれる距離のため何度も登っているので、
次はやっぱり柏木城へ登らなきゃですね~。
石田さんもお奨めの残存遺構の多い城館ですので、
是非とも近いうちに攻めてみたいと考えております(^-^)
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

火坂雅志先生の講演を聴いてきました。
動きとしては前回記事と一連の動きになるんですけどね…(^-^;

3月20、21日の横須賀スタジアム遠征に続き、
22日は地元福島県北塩原村の裏磐梯猫魔ホテルで行われた、
NHK大河ドラマ天地人原作者、
火坂雅志先生の講演会に出席して参りました~♪

横須賀から真っ直ぐ帰れば良かったのですが、
埼玉県深谷市の友人宅にちらっと立ち寄ったために、
自宅に帰り着いたのは早朝4時頃…(-_-)zzz
そこからコタツで暫しの睡眠を取り、
お昼13時半の開始に間に合う様会場へ移動しました。

まず初めにわたしも非常にお世話になっている石田さんがちょっと講演、
次いでメインである火坂先生が講演されました。
文壇の方というとその格好も相まって気難しいイメージがありましたが、
時折ユーモアを交えた楽しいお話を伺うことが出来ました(^-^)

20090322_ishida.jpg20090322_hisaka01.jpg
…実は連日の疲労もあって、途中ちょっと居眠りしちゃいましたm(_ _)mセンセイゴメンナサイ

講演終了後はサイン会も行われましたが、
横須賀遠征で散財してきたわたしには本を買う余裕ナシ(T^T)
せめて写真だけでもと思い撮影しました。

20090322_hisaka02.jpg

***

なお講演会場に告知ポスターが貼ってありましたが、
昨年家族で参加して記事にもした、
「天地人」記念ウォークが今年も実施される様です。
今年も開催日さえ合えば参加したいと思っていますが…、
駆け足にならないことを祈っております(^-^;

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お城いろいろ。
先週訪問した城館を追加です~。
訪問って言ってもほとんど場所確認だけなんですけどね。

***

【普門院館】
20080914_fumon_in_date.jpg
山形県米沢市
地図にマーキングだけしてあったので、
映画館へ向かう直前に訪問しました。
国指定史跡「上杉治憲敬師郊迎跡」としてのが有名らしい。

***

【闇川館】
20080916_kuragawa_date.jpg
福島県会津若松市
闇川集落へ向かう道路沿いに立地していますが、
登路はおろか遠望を撮影する場所すら無い…。

【下香塩城】
20080916_shimoosyuu_jou.jpg
福島県会津若松市
阿賀川と闇川の合流点にあり、平場があるそうです。
西側を会津鉄道が走っています。

***

【綱取城】
20080921_tsunatori_jou.jpg
福島県耶麻郡北塩原村
りんの友人宅へこねこを見に行った後、
まだ明るかったので散歩がてらにふらっと訪問。
NHK大河ドラマ「天地人」絡みで若干整備される様子?
国道沿いの解説板が撤去されて新しくなるみたい。
ちなみに画像は門跡を西側から見た様子です。

***

綱取城への登路は自宅から歩いて5分もかからない場所なので、
もうちょっと下草が無くなってから再度登りたいですねー。
柏木城と比べれば遥かに登り易い路ですからね(へびがいたけど)。

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

旧米沢街道で子どもたちを追いかける!
昨日は地元北塩原村が主催の、
NHK大河ドラマ「天地人」記念ウォーク
に家族で参加して来ました。

旧大塩小学校から桧原湖畔までの旧米沢街道、
行程約10km、高低差約500mのコースを3時間ほどで歩くイベントです。
小学校で1、2を争うグズっ娘のりんに体力をつけさせるため、
そしてわたしと奥さんは旧街道を歩いてみたい!と思っての参加でした。

8時過ぎに自宅から車で5分ほどの旧大塩小学校に向かうと、
駐車場となっている校庭は満車になっていました。
大して参加者もいないだろうと思っていた我々はちょっとびっくり、
会場からほど近い奥さんの同級生のお宅に車を置かせて貰い受付へ。

20080518_01.jpg

イベントスタッフは村の職員総出という感じで、
りんの幼稚園の先生や教育委員会の方も忙しく動いており、
一様に「りんちゃん大丈夫かな~?」な表情(^-^;
一方りんは、同じくイベントに参加する同級生三姉妹を見つけ大喜び、
これから10km歩くのに大丈夫か!?なテンションの上がり具合。
村の高橋村長や米沢市長の挨拶などオープニングセレモニーも終わり、
テープカットと同時にウォーキングの開始です。

20080518_02.jpg
安部三十郎米沢市長も駆け付けました。

20080518_03.jpg
参加者は約1,500名、村の人口の半分が集まった!

ウチの家族と三姉妹及びそのお母さんは、
子どもたちのペースを考えて中段やや後方の位置取り、
ゆったりとマクリの体勢でスタートします。
しかし…子どもたちはそんなのお構いなし!
かかり気味に前へ前へと進んで行きます(-_-;
わたしは路傍の史跡を見る余裕も無く、
りん(小2)と次女(小3)、それに続く長女(小4)を追いかける展開。

20080518_04.jpg
20080518_05.jpg
ナニヤラ虎口っぽいクランク状の箇所もスルーです

わたし的今回の目玉、鹿垣柵も駆け足(T^T)
また以前の草ぼーぼーになる前に再訪せねばなりません。
案内板も立派になったし大丈夫かな…?

20080518_06.jpg
立派になった案内板

20080518_07.jpg
鹿垣を米沢方面より

半分よりやや進んだ中ノ七里一里塚付近で、
後ろから必死に進んできた奥さんが追い付きました。
三女(小2)が一人ぼっちでつまらなかろう!と子どもたちを諭します。
そして15~20分ほど待った後に追い付いた三女は大喜び♪
今度はりんと三女が先頭を走って行きます。
わたしはさらに追いかけます(^-^;

しかし最高所となる蘭(あららぎ)峠を越えると檜原集落まで下り坂、
りんと三女は下り坂でも駆け足を止めません。
わたしは…諦めた。

そしてスタートから3時間ほどでしょうか、
ついに桧原湖畔に到着してゴール♪
子どもたちも10kmを歩き切りました(^-^)ノ
ぐずっ娘のりんが10km歩き続けられるとは思いませんでしたねぇ…。
その半分は走ってましたし。
りんの成長に驚きながらみんなで振舞われた豚汁を食しました。

20080518_10.jpg
ナベ、デカイ!

ちなみにゴールとなった場所の名前はよくワカランのですが、
すぐ近くに穴澤一族の墓と伝わる五輪塔が残ってます。

20080518_09.jpg

食事が終わった後、小娘4人は温泉に入って大喜び♪
わたしはシーソーの上でちょい昼寝。
そして最終のシャトルバスに乗って大塩小学校まで帰って来ました。

遠くは山口県萩市からの参加もあったというこのイベント、
1,500名近い参加者がありながら特に大きなトラブルも無く、
大成功に終わったものと思います。
我々ももちろん疲れはしましたが気持ちの良い汗をかき、
子どもたちもきっと貴重な体験だったと思います。
是非また実施される際には参加したいな~と思いますが…、

左手の人差し指を虫にくわれてカユイカユイ…!
第一関節の太さが1.5倍(当社比)になってるよ~(T^T)

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。