おしろめぐりねこ「さくら」が全国のおしろを訪ねつつ、お墓参りをしたり野球を観たりお馬を見たりたばこを吸ったりチョロQを買ったり…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お使いついでに喜多方市内のお城を訪問。
訪問日時が前後しちゃうんですが、
まとめたところからアップしようとすると埒があかない…(>_<)
ということで8日に訪問した喜多方市南部の城館をアップです。

そうは言ってもこの日行こうとしていたのは1箇所のみ、
もう1箇所はふらふらしている時に引き寄せられただけ(^-^;
しかも目的のお城は…よくワカランかった…。

***

【鏡ヶ城】
20100308_kagami_ga_jou01.jpg20100308_kagami_ga_jou02.jpg
福島県喜多方市(旧耶麻郡塩川町)
今回探していたのは↓の太田館なんですが、
圃場整備で状況が変わっている様でどこがどこやら…。
で、車で田圃道をくるくる走っていたところ、
遠目にも判る見事な土塁に引き寄せられ訪問。
元中元年(至徳元・1384)平田大隅守光範が築城したと伝わるお城です。

【太田館】
20100308_ohta_date.jpg
福島県喜多方市
明治時代の地籍図にある字館之内が館跡であるが、
現在は圃場整備後の水田面となり遺構は存在しない。
また築城年代や築城者、館主は不明である。
「新編風土記」に天正年間(1573-92)蓮沼備中某が居住とあるが、
その記述は北東約200mに位置する太田集落内を指しており、
字館之内の地割から推定されるこの館とは別と推定されている。
「喜多方市史」に記述されている、
『南辺に三日月形の水田が確認でき…』に心躍らせて訪問。
しかし…平成七年以降にまた圃場整備したんですか?
みんな綺麗に形の整った田んぼしか見当たらない…(T^T)
唯一の手掛かりは南に接する水田面との比高差くらいかな?

***

以上、簡単ですがご報告でした~。
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。