おしろめぐりねこ「さくら」が全国のおしろを訪ねつつ、お墓参りをしたり野球を観たりお馬を見たりたばこを吸ったりチョロQを買ったり…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宮城跡発掘調査現地説明会に参加。
前回更新の最後に書きましたが、10日に
「新宮城跡発掘調査現地説明会」に参加して来ました。

こういった催し物には毎回微妙に遅れて到着してしまうわたし、
今回も13:30開始の2~3分後に現場到着。
受付と反対側に車を停めてしまったため、
資料も受け取れずウロウロ~していたところ、
テント内で係の方の手招きが見えます。

良かった良かったと思いながら資料を受け取り、
受付用紙を見ると「福島民報」「福島民友」の文字が…。
通勤前のためワイシャツ姿だったので、
報道関係者に間違えられてしまった様です(^-^;
そんなご身分じゃないですよーただのマニアですよー。

DVC00008.jpg
新宮城本丸跡脇の駐車場に張られたテント前で
前年度まで、そして今年度の調査内容をまず説明。


DVC00012.jpg
本丸南辺の堀跡に沿って今年度調査区へ移動~。

DVC00013.jpg
上写真の辺りから撮影した新宮城本丸跡。
南西隅なので県道に平行して撮った形です。


DVC00027.jpg
今年度の現地説明会はコチラ。
新宮城跡の西端で、道路跡が発見されています。


DVC00015.jpg
中央やや右、解説の職員の方の立ち位置が堀の切れ目となる道路。
堀跡は向かってすぐ右側のトレンチと、左側斜めに延びるトレンチで、
道路は写真左下に向けて伸びています。
右後方の穴が掘立柱の門跡で、家中屋敷のものと推定されている様です。


DVC00021.jpg
道路をまず城内側から~(東→西方向)。
トレンチ内中央の黄色かかった部分が道路跡で、両脇の水溜りが付随する溝。
写真中央、赤い頭の人物のところを通って右へややカーブして行きます。


DVC00025.jpg
上写真の人だかりの辺りから反対側を向いて撮影(西→東方向)。
新宮城に隣接する家中屋敷の門の内側から撮った形になるのかな?
手前の4つの穴が門跡、その先が堀の切れ目(道路)となっています。
写真奥、2人の人物が写っている辺りが上写真の撮影位置です。


今年度の発掘調査により新宮城跡の西側の境界が解明され、
これによって全体の規模がほぼ確定した様です。
この道路がどの様に本丸方面へ延びていたのかは不明ですが、
革靴をドロドロにしながら参加した甲斐はありました(^-^)
靴履き替える余裕が無かったんですよ…。

最後に、
前回までの発掘調査で出土していたぞぬ型青白磁に、
この度初めてお会いすることが出来ました♪
全国で初めて出土したものですし見たかったんですよねー。
そのモノの価値は良く解ってないんですけど(^-^;
DVC00011.jpg
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。