おしろめぐりねこ「さくら」が全国のおしろを訪ねつつ、お墓参りをしたり野球を観たりお馬を見たりたばこを吸ったりチョロQを買ったり…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お使いついでに喜多方市内のお城を訪問。
訪問日時が前後しちゃうんですが、
まとめたところからアップしようとすると埒があかない…(>_<)
ということで8日に訪問した喜多方市南部の城館をアップです。

そうは言ってもこの日行こうとしていたのは1箇所のみ、
もう1箇所はふらふらしている時に引き寄せられただけ(^-^;
しかも目的のお城は…よくワカランかった…。

***

【鏡ヶ城】
20100308_kagami_ga_jou01.jpg20100308_kagami_ga_jou02.jpg
福島県喜多方市(旧耶麻郡塩川町)
今回探していたのは↓の太田館なんですが、
圃場整備で状況が変わっている様でどこがどこやら…。
で、車で田圃道をくるくる走っていたところ、
遠目にも判る見事な土塁に引き寄せられ訪問。
元中元年(至徳元・1384)平田大隅守光範が築城したと伝わるお城です。

【太田館】
20100308_ohta_date.jpg
福島県喜多方市
明治時代の地籍図にある字館之内が館跡であるが、
現在は圃場整備後の水田面となり遺構は存在しない。
また築城年代や築城者、館主は不明である。
「新編風土記」に天正年間(1573-92)蓮沼備中某が居住とあるが、
その記述は北東約200mに位置する太田集落内を指しており、
字館之内の地割から推定されるこの館とは別と推定されている。
「喜多方市史」に記述されている、
『南辺に三日月形の水田が確認でき…』に心躍らせて訪問。
しかし…平成七年以降にまた圃場整備したんですか?
みんな綺麗に形の整った田んぼしか見当たらない…(T^T)
唯一の手掛かりは南に接する水田面との比高差くらいかな?

***

以上、簡単ですがご報告でした~。
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

雪だらけでしたが喜多方市内の城館を訪問。
昨日は休みでしたが、
奥さんから『大人しくしててね』と言われましたので、
午前中は言いつけ通り大人しくしておりました(子どもか)。

しかしお昼過ぎにたばこを買いに外出したところ、
自宅でごろごろしてるのは勿体無いくらいの良い天気。
奥さんにりんの帰宅までにはウチに戻ることを条件に、
喜多方市内に出掛ける許可を貰いました(子どもか)。

このところまとまった降雪も無く平地の雪はだいぶ消えているので、
「喜多方市史」を片手に山城を攻めてやろう!と思いましたが、
そう上手くはいかないモノでしたよ…(^-^;

***

【五分一館山城】
20100224_gobuichi_jou.jpg
福島県喜多方市
五分一集落の大用寺の裏、
五分一スキー場跡地の西側丘陵上に所在する。
この城の記載がある唯一の資料は、
ベイスターズのエースと同姓同名の方が所蔵しているらしいですが、
由来などの記載は無く詳細は不明の様です。

【細谷館山城】
20100224_hosoya_jou.jpg
福島県喜多方市
細谷集落の西方丘陵上、字館山に所在する山城だが、
文献資料上には見られない城館である。
なお細谷集落内には居館跡は確認されておらず、
隣接する岩沢集落には岩沢館が所在するそうですが、
両者の結び付きを示す資料、伝承は伝わっていない様です。

【譲屋館】
20100224_yuzuriya_date.jpg
福島県喜多方市
譲屋集落と濁川とのほぼ中間地点に所在するが、
現在は圃場整備後の水田面となり遺構は全く存在しない。
なお館跡推定地及び北側にそれぞれ館跡、館之北の小字名が残るが、
この地に城館があったことを示す伝承は確認されていない。
しかし雪景色だと尚更判りませんね(^-^;
因みに道路の先の左側に見える丘陵は青山城です。

【青山城】
20100224_aoyama_jou01.jpg20100224_aoyama_jou02.jpg
福島県喜多方市
蘆名氏一族の佐原五郎左衛門尉盛時が築いた城として、
会津の城館ではそこそこ有名な青山城。
わたしもちょこちょこ訪れていますが、
どうしても目を向けてしまうのは西城と北ノ郭ばかり。
つーことで今回は、
西城南端の外郭線と推定される五郎神社に詣でて来ました。
なお右画像が五郎神社参道より撮影した青山城(西城)でございます。

【黒瀬館】
20100224_kurose_date.jpg
福島県喜多方市
国道121号線旧道沿、平沢-治里集落中間の西側丘陵上に所在する。
天正年間(1573-92)会津侵攻を図る伊達氏が篝場を構え、
黒川城(若松城)の変を窺ったとされる。
今回は東側の旧国道を通って行ってみましたが、
採石の為でしょうか大きく破壊されている様です。
大手は館跡南西の杉山集落方面だった様ですので、
次回はそちらから接近してみたいと思います。
…しかし「発破作業」云々の看板が立てられてるんだよな~。
登っててどかーん!とか来られたらやだなあ…(>_<)

【八森山城】
20100224_hachimoriyama_jou.jpg
福島県喜多方市
天正年間(1573-92)伊達政宗の会津侵攻に際し、
蘆名氏家臣遠藤助兵衛が柵を設けてこれを防いだという。
なお遠藤氏は後述する上岩崎館主として名が見られる。
こちらも今回接近した旧国道側では無く、
南西の長窪集落側が大手だった模様(>_<)
時間が迫っていたのでそちらには廻りませんでしたので、
次回雪が消える頃合いを見て再訪したいと思います。

【上岩崎館】
20100224_kamiiwasaki_date.jpg
福島県喜多方市
大永年間(1521-28)遠藤助兵衛(大隅)が築いたとされる。
遠藤氏は蘆名氏家臣であり、
天正年間(1573-92)伊達政宗の会津侵攻に際し、
前述の八森山城を築いてこれを防いだという。
現在は宅地となっていますが、
旧国道121号線側となる東辺の土塁、堀が良好に残っています。

***

画像を見て頂くとお判りになるかと思いますが、
今回訪問した喜多方市北部はまだまだ雪が残っておりました。

喜多方市中心部付近はだいぶ雪が無くなっており、
「そちらより若干雪が多いくらいだべ~」とタカを括っていましたが、
やっぱり奥羽山脈を侮ってはイカンのですね…(>_<)

しかしながら今回場所確認をした山城は、
喜多方市史に縄張図が載っているお城ばかり。
雪が融けてくまと遭遇しそうな時季(-_-)を狙い、
是非とも再訪して参ります~(^-^)ノ

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

久し振りに向羽黒山城跡現地説明会参加。
過去記事で何度か触れていた通り、
本日は福島県会津美里町で実施されました、
向羽黒山城地形調査現地説明会に参加して参りました。

朝9時過ぎにりんを連れて自宅を出発、
1時間もあれば十分間に合うだろうとほてほて走っていた所、
やっぱり本郷は遠かった…。
開始ぎりぎりに集合場所である二曲輪駐車場へ到着、
何とか間に合いました~(^-^;

***

20091017_01.jpg
久し振りにお会いする会津美里町職員のカジワラさん。
以前は何度かお話しさせて頂きましたが、もう忘れてるだろうな~(>_<)
りんが幼稚園くらいの時だっただろうし。

20091017_03.jpg20091017_02.jpg
二曲輪で記念撮影~。この曲輪からは会津若松市内が遠望出来ます。
右写真は公園造成時に出てきた川原石で、建造物の礎石に使われたものだろう、とのこと。

20091017_04.jpg
今回は関係ないけど、二曲輪北東の虎口です。
20091017_05.jpg20091017_09.jpg
今回のメインとなる二曲輪西側の虎口、左が内側、右が外側から様子です。
20091017_06.jpg
上の虎口脇の斜面を登り、西の小曲輪を望みます。
土橋で連結されており、その周囲には…↓

20091017_08.jpg20091017_07.jpg
小曲輪を挟んで右(北側)には二曲輪を巡る形で横堀があり、
左(南側)には小曲輪に沿う形で竪堀があります。
横堀の堀底には用途不明の石積遺構が発見されています。

20091017_10.jpg
竪堀は二曲輪西側虎口の直下から北西方面へ延び、西曲輪北側を巡ってカーブし西へと続きます。
その竪堀がカーブするところに水の手と呼ばれる箇所があり、
今でも雨が降った後などは水が湛えられるそうです。

20091017_11.jpg
竪堀の堀底に降りて撮影、なかなかの規模です。
ちなみに堀底へ降りる途中、丁度手を着こうと思った木にスズメバチが…。焦った~。

20091017_12.jpg
今回は発掘調査の説明会では無く地形調査の説明会、ここで説明は終了です~。
虎口の前で比較を兼ねて記念撮影(^-^)


***

今まで何度か訪れている向羽黒山城ですが、
来る度に色々と新しい遺構が見られてなかなか楽しいお城です♪
今回の場所も綺麗に草が刈られており、
遺構もかなり見易くなっております。
訪問するなら今!かも知れませんね。

なお今回は久し振りにりん同伴の現説参加でした。
初めはわたしの説明に耳を傾けていたりんでしたが、
最後の方にはどんぐり集めに興味を奪われておりました(^-^;

明日は栃木県小山市へ遠征し、
祇園城跡発掘調査現地説明会」に家族で参加して参ります。
さて今度りんの心を奪うのは何でしょうね…?

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

裏磐梯の山城を攻める!
先月30日、地元北塩原村で「せいじんセミナー」なるものが実施され、
小谷山城(桧原城)散策とのことなので参加して来ました。
一昨年9月にもあるイベントに家族で参加、散策して参りましたが、
1年半振りの今回は平日ということもあり1人での参加でした。

朝9時に村役場前でバスに乗車すると、
参加者は約20名ほど、やっぱりアラフォー(笑)はわたし一人。
旧米沢街道を経由して裏磐梯へと移動し、散策開始~♪

【桧原城】 福島県北塩原村
20090430_hibara_jou_01.jpg
登山口は県道沿いに標柱が建てられているので直ぐ判ります。
20090430_hibara_jou_02.jpg
暫く進むと堀切や主郭部を取り巻く横堀が見られます。
20090430_hibara_jou_03.jpg
横堀に沿って歩くと、主郭部東側の入口に至ります。
主郭部は南北3つの郭から成っており、上記入口は北郭と中央の郭を画す堀切となります。
なお写真は堀切を西側から撮影したモノ。
本来の大手口は主郭部南側となっており、虎口が残っています。

20090430_hibara_jou_04.jpg
主郭となる中央の郭で説明を聴く皆様。
20090430_hibara_jou_05.jpg
北郭の周囲にも横堀が巡っており、まだ残雪がありました。
20090430_hibara_jou_06.jpg
昭和の頃に開かれた山道を下って県道へ~。
いつの間にか綺麗な解説板が建てられておりました。


---

20090430_rekishikan.jpg
桧原城から下山、バスで桧原歴史館へ移動~。
ここでは裏磐梯の城館についてもちょっと展示が行われています。
地元では結構話題の山塩ラーメンを食しましたが…撮るの忘れてました(^-^;
なかなかおいしいですよ~。


---

20090430_yamashio_01.jpg20090430_yamashio_02.jpg
続いて大塩温泉に移動し、山塩の作業場の見学です。
50リットルの温泉水を先ず大鍋で煮詰め、更に小さな鍋で煮詰めます。

20090430_yamashio_03.jpg
その後天日で乾燥させて出来上がり~(^-^)
およそ50リットルから5kg、5~6日の行程だそうです。


---

おまけ 【綱取城】 福島県北塩原村
20090430_tsunatori_jou.jpg
ちょっと前に解説板が新しくなったので撮って来ました。

***

翌日も連休だったわたし、
天気も良くタイミングも良いか?と思い、
ずーっと訪問したかった裏磐梯の山城攻めを実行に移しました。
郷土史家石田明夫さん作成の縄張図を懐にいざ出陣~(^-^)ノ

【戸山城】 福島県北塩原村
まず初めに昨日訪問した桧原城の程近い、
蘆名氏家臣の桧原地頭穴沢氏の居城戸山城へ。

20090501_toyama_jou_01.jpg
昨日のイベントの際に伺ったら、県道沿いのこの階段から登れるとの事。
道はありませんが斜面もそれほどキツくありません、
尾根に出たら更に西に向かって登り続けます。

20090501_toyama_jou_02.jpg
県道から40分ほど登ると、まず水の手に到着~。
ずーっと登り続けてやっと縄張図に出ている範囲に入りました。
しかし不安なわたしはここから携帯電話で石田さんに質問電話(^-^;
熊がいるのに一人で行くとは…と窘められます。
なおその電話で、西側の尾根伝いに登ったほうが良い、との情報が…。
もう手遅れっす(T^T)

20090501_toyama_jou_03.jpg20090501_toyama_jou_04.jpg
堀切、土橋を越えていよいよ城館内へ進入~!
20090501_toyama_jou_05.jpg
なお堀切を越えるとすぐに熊穴があるよ~。
20090501_toyama_jou_06.jpg20090501_toyama_jou_07.jpg
水の手からちょっと登ると横堀、土塁が2段にわたって構築されています。
左が下段の横堀を大手道から、右が上段の横堀を反対側から撮影した写真。
上段の横堀付近には虎口が見られる様なんですが確認出来ず…。
この堀を越えると、山頂主郭部まで8段、半月型の平場が連続します。

20090501_toyama_jou_08.jpg20090501_toyama_jou_09.jpg
県道から70分ほどでやっと山頂の主郭部へ到着です~(-_-)
しかし周囲より増して笹薮となっており、撮影する所ではありません…。
東寄りの木に寄りかかって、残存する何やら人工建造物がありました。
下山後確認したところ、以前使用されていた共同アンテナらしい。
利用していた頃は道が付けられていたとか。
主郭部はそんな有様ですが、この城の最大の見所は↓コチラ↓

20090501_toyama_jou_10.jpg
20090501_toyama_jou_11.jpg20090501_toyama_jou_12.jpg
西側の尾根筋に残る3段の堀切です♪
東側から西側に向かって画像上段、下段左、下段右の堀切が見られ、
最大幅約15mほどもあります。
ここではくま除けも兼ねて大いに感嘆の声を張り上げましょう。

20090501_toyama_jou_13.jpg
ひとしきり堀切を堪能した後、主郭部東側の8段の半月型平場を伝って下山です。
しかし…登って来た時の道を失い、県道付近まで下りるとこんな感じの斜面…。

20090501_toyama_jou_14.jpg
県道まで下り、行き着いたところは標柱の立てられている所でした。
この標柱脇に車を停めていたので問題はありませんでしたが、
登り始めた階段はここからわずかに西側に進んだ所に所在しています。
確かにここから登り始めるよりは…ちょっと楽だったかも?
なお所要時間は約120分ほどでございました~。


---

【巖山城】 福島県北塩原村
引き続いては県道を南へと進み巖山城へと向かいます。
現在は“堂場山どんぐり探勝路”として整備されていますので、
訪問は非常に楽です(駐車場所に困るけど)。
楽なのは良いのですが、特に目立った遺構が見られない…。

20090501_iwayama_jou_01.jpg
県道沿いのこちらの案内板が探勝路入口です。
案内板には巖山城についても簡単に触れられています。

20090501_iwayama_jou_02.jpg
巖山城は桧原湖中に半島状に突き出た堂場山に所在、
先端部向かってずんずん進んで行くと5つの郭があるそうなんですが、
ここが3郭か4郭…だったと思う…?
周囲が土塁状になっていますが、どうにも自然地形にしか思えない…。

20090501_iwayama_jou_03.jpg
更に北へ進むと…ここが2郭だったかなぁ?
先端部まで行ってはみたものの、あまりぱっとした遺構が見られませんでした。
探勝路が整備されているので歩き易いですけどね~。

20090501_iwayama_jou_04.jpg20090501_iwayama_jou_05.jpg
正直なところ、一番の見所はミズバショウの群生かも(^-^;
最近はあまり草花に目を向けたりしていませんでしたが、
綺麗に咲いていましたよ~。


***

ということで、
久し振りに地元北塩原村の山城を歩いて参りましたが、
山城嫌い(笑)のわたしにとって久し振りに本格的な山城攻めとなりました。
日頃の運動不足も若干は解消されたモノか?

なお綱取城は自宅から歩いて行かれる距離のため何度も登っているので、
次はやっぱり柏木城へ登らなきゃですね~。
石田さんもお奨めの残存遺構の多い城館ですので、
是非とも近いうちに攻めてみたいと考えております(^-^)

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

本サイトの更新情報。
今更なんですけどね~、
前回本サイトを更新した分の報告です。

22日の夜に更新作業を行なったんですが、
翌日は当初は「シーレックスフェスティバル」参加を考えてました。
しかし奥さんが行かれなくなってしまったので断念(T^T)
ならばと宮城県東松島市で行なわれた、
赤井遺跡発掘調査現地説明会」参加へ切り替えようと思いましたが
りんがつまらないかな…と思いこちらも回避。
結局は折角の公休日でしたが一日寝ていました…orz

***

【上荒久田柵】
20081123_kamiarakuda_saku.jpg
福島県会津若松市

【鈴木屋敷】
20081123_suzuki_yashiki.jpg
福島県会津若松市

【中地館】
20081123_nakaji_date.jpg
福島県会津若松市

【中ノ明館】
20081123_nakanomyou_date.jpg
福島県会津若松市

【平沢館】
20081123_hirasawa_date.jpg
福島県会津若松市

***

さて、明日明後日は連休でございます(^-^)
特に用事があって希望を出したという連休でもないので、
久し振りに野球観戦を切り離して遠征に行って参ります~。

しかしまだ目的地が決まっていない…。

取り敢えず宮城県か福島県浜通地方と考えていますが、
さてどちらにしよーかなぁ?

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。